宿泊予約はこちら
宿泊予約はこちら

料理する | Cooking

採れたての季節の野菜で、 時間を忘れわいわい夕食

mainvisual

ここでしか味わえない食事、
料理してこそ味わえる美味しいさを

日貫がある邑南町という地域は、農業が盛んで新鮮な野菜がたくさん採れます。それだけでなく、石見ポークや石見和牛も有名なところです。
今回は、地域で採れた新鮮な野菜と石見ポークを組み合わせ、3種類の日貫でしか味わえないレシピを作りました。地域のお母さんからお話を伺いながら、郷土料理をアレンジしたお鍋や、ウッドデッキでできるBBQなど、楽しくわいわい料理していただけるレシピになっています。
実際に食材に触れ、料理することで、より日貫のことを知ってもらう。
そんな時間を過ごしていただきたいと考えています。

レシピ開発

photo:中東 篤志

フードディレクター中東 篤志

京都市出身。代々料亭を営んでいる家系に生まれる。12歳の頃から、父である京都の名店「草喰なかひがし」の主人・中東久雄氏のもとで料理を学び始める。高校卒業後、バス・フィッシングのプロを目指すため、アメリカへ移住。しかし23歳になる頃、料理人の家庭で育ったという自分自身のバックグラウンドを意識し始め、料理の道への復帰を決意する。6年間に渡り、ニューヨークにある精進料理店『嘉日(Kajitsu)』の副料理長兼GMを務める。嘉日にてカウンター越しのお客様へ日本食の意味を説明する喜びと楽しさを見出し、日本で育まれる飲食文化の海外発信に専念するためにカリナリーディレクター(Culinary Director)としてOne Rice One Soup Inc.を設立。現在はニューヨークと京都を拠点に日本食のポップアップイベントの企画や飲食店のプロデュース、食からの地域創生事業などを手がけている。

www.onericeonesoupproject.com
  • へか – 日貫伝統 すき焼き –

    「へか」は、日貫で昔からハレの日に食べられていた伝統料理です。庭先で飼っていた鶏を農具の「へか」で焼いて食べた事が始まりといわれています。安田邸では、石見ポークを使った「へか」をお召し上がりください。

  • 日貫野菜たっぷり石見ポークの鉄板焼き

    石見ポークと地元野菜をたっぷり鉄板に入れて蒸し焼きに。野菜の水分のみで調理する色鮮やかな鉄板料理はヘルシーでいて、野菜と豚の旨味をダイレクトに感じる安田邸特別のメイン料理です。

  • 石見ポークのスペアリブ

    ジューシーな石見ポークのスペアリブを安田邸のウッドデッキで豪快に焼きながらお楽しみ下さい。その他スぺアリブに合う日貫の野菜も沢山ご用意します。

↑ページトップへ